バッテリーカーと鉱車、足尾へ

IMGP0030

弊社のピット裏で長年保管されていたバッテリーカー1台と鉱車(トロッコ)3台が、本日、栃木県の足尾歴史館へと旅立って行きました。

バッテリカーは10年ほど前に、兵庫県城崎の業者に発注して生産したものと聞いています。格好はなかなかいいのですが、残念ながらあまり使われなかった模様。

一方、鉱車のほうは、もともと県北でウランを掘っていた人形峠で使われていたものです。昭和30年代半ばもので、鳥取県倉吉で生産されたものです。まだたくさんあるのですが、状態のよいものを選んで3台を引き取っていただくことにしました。

IMGP0034

ゆっくりソローリと積んでいる様子。ボロボロなのでユニックで釣ると壊れそうだったため、フォークリフトで積んでいきました。

IMGP0036

1時間ほどかけて無事積み込み終了。この後ブルーシートを掛けて出発しました。明日には足尾に到着するとのこと。

新たな嫁ぎ先の足尾歴史館ですが、あの有名な足尾銅山の鉱山町の中にある歴史資料館です。足尾で稼働していたガソリンカーなどが動態保存されています。私も昔、このガソリンカーに乗車したことがあります。

今回提供した車両も、館内で展示されるほか、実際に動かしたりもするそうです。岡山県・三石のろう石鉱山の歴史を知っていただくよい機会になったと思います。

車体は見ての通りボロボロですから、これから、有志の方たちで修理したり塗装したりするそうです。修理が終わって展示が始まったらぜひとも見に行きたいと思います。

従業員の募集を始めました

※募集は終了いたしました。ご応募ありがとうございました。

マイナビ転職
本日よりマイナビ転職さんにて、従業員募集の広告掲載を始めました。
以下のURLから募集要項をご覧いただけます。
http://tenshoku.mynavi.jp/jobinfo-162495-4-1-1/
土橋鉱山では、坑内で採掘作業にあたる作業員を募集いたします。
鉱山で働いた経験がある方というのは、そもそもあまりいませんよね。なので、転職先として鉱山を選ぶということは、あまり考えられないかもしれません。

坑内作業というのは、実に様々で弊社で働いている従業員も、いろいろな作業を覚えなくてはならないので大変です。ですが、最も基本にあるのは、とにもかくにも安全に作業を行って、1メートルずつ坑道を伸ばしていくことです。

弊社では、坑内作業スタッフはチームごとに分かれており、それぞれが自分たちのペースで坑道延長の作業にあたっています。安全を最優先としてますので、ノルマはありません。現場は1つとして同じものはなく、常に変化しています。またスタッフの熟練度や考え方、アイディアなどに応じて、現場の進め方は様々となります。

日本国内で鉱山がどんどん減っていくなか、弊社は何とか生き残ってきました。これは弊社から生産される原料が他にはない良質な陶磁器原料としてお客様から認めていただいているからだと思います。今後も50年、100年と鉱山を続けていけるよう精進したいと思っています。

募集する人員ですが、現場仕事などを経験された方でしたら、鉱山業務が未経験でも全く問題ありません。入社されたらベテランについてじっくりと技術を身に着けていただきます。重機やダンプの運転、機械の整備、土木工事などの経験がある方でしたら、比較的スムーズに仕事に慣れていけるかもしれません。

細かい条件に関しては、マイナビ転職のサイトをご覧ください。

最後に、鉱山の坑道内部ってどんな感じだろう?と思われる方も多いでしょうから、弊社の坑道内部を撮影した動画を掲載しておきます。

ご応募お待ちしております!