てくてくと野ねずみ

NHKの「街道てくてく旅」の原田さんが、先日鉱山の前を通りかかりました。道の向こうのタイヤ屋の奥さんと話しているところです。
スタッフさん達と一緒に元気に三石宿に向かいました。

野ねずみを保護しています。
ホッパ(製粉場、ロート型の原鉱の投入口)から選鉱コンベアに落ちてきたところを作業員さんにすくい上げられました。少し怪我をしていましたが、もう少し良くなったら野にかえします。

e381a6e3818fe381a6e3818f-003e381a6e3818fe381a6e3818f-004

10月になりました。

暑い、暑いと言っていましたが、朝夕ずいぶんと過ごしよくなってまいりました。
鉱山の貯水池の上を赤いアキアカネが飛び交っています。
この夏は、鉱山見学の方が二組ありました。・
地質学関係の研究者の方と、坑内採掘の見学の方達でした。
国内資源や鉱山に関心を持って頂ける事は有難い事なので出来るだけ対応していきたい思っています。
鉱山を取巻く環境は本当に厳しく、ここ数年であちこちで閉山・休山の話をききます。
大手石灰山とかは別に、鉱山業はレッドデータブックに載りそうな産業です。

10月に入り、昨晩はかなり激しい雨が降りましたが、今日はよく晴れて、従業員さん二人は、子供の運動会があるそうです。

池の傍の朝顔はまだまだ40以上の花をつけています。また、山の栗の木の下は、椎茸のホダ木が並んでいます。木を切るのも、菌駒を打ち込むのも、そして適当な今の場所に並べるのも大変です。まだ、これで半分程です。e69c9de9a194-001

e69c9de9a194-004