巻室

巻室とは、立坑のケージ(エレベーター)を上下させるための機械室です。
手前の椅子に座り、大きなレバーの操作により動かします。現在は主に、立坑を経由している坑水・電気関係の点検に使用しています。 かって、斜坑道が出来るまでは、資材・人員・鉱石と、搬入・搬出はすべて立坑を使っていたそうです。

e5b7bbe5aea4e383bbe7b292e5baa6-0051

出荷ピット

セリサイト系 1級 10mmアンダー の出荷ピットです。
1級は、主に衛生陶器関係に納入しています。
セリサイト系では、特級、2級、3級があります。また他に、ご要望に応じて配合した数種類があります。
10mmアンダーのものの他に、塊と呼ぶ こぶし大、更に大きな小割りしたものがあります。

e38394e38383e38388e383bbe3818be38188e3828b-0021

e38394e38383e38388e383bbe3818be38188e3828b-001

先にお知らせした大量のおたまじゃくしは、足を出し、手を出し、しっぽは短くなっています。カエルすわり?が出来るようになり、今朝などは脱走を試みるものもいます。    どうなるんだろう・・・・。